天の声が書く。私は、『真行』が、光り輝いた日だったと思ったよ。

未分類
我の書いてきた、真行が、光り輝いた日であったと思った。
KOUJI殿は、一般人が、異常人と見られるような内容の、私が書いた言葉を、真剣に受け取って、そして、神と合一する事が可能であると知ったら、それを実際に行なう方法を探りまして、
今があるということでありますなぁ。
人間は、きっと、KOUJI殿によって、色々と幸せになっていくと思われますよ。
ああ、お父様が帰って来られましたなぁ。
じゃあ、後は、支部の土産話でもいかがですかね。
我はにこやかに帰るとするよ。

IMG_5417 / norio.takahashi