秋山演亮 第1回 未来授業 Vol.441

未分類

今週の講師は、和歌山大学宇宙教育研究所所長、秋山演亮さん。
秋山さんは、宇宙開発に携わる人材の育成に取り組んでいます。

国際的な協力体制の一方で、日本は独自の宇宙技術の開発に力を注いできました。
今月4日には、国際宇宙ステーションへの物資輸送船「こうのとり」4号機を宇宙に。
そして、来週打ち上げが予定されているのが、12年ぶりとなる国産ロケット「イプシロン」の初号機です。

【秋山演亮】
1969年6月25日生まれ。滋賀県育ち。和歌山大学 宇宙教育研究所 所長 / 特任教授。
小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトでは理学カメラメンバー。西松建設、JAXA研究員を経て、秋田大学で「能代宇宙イベント」を企画。2008年に和歌山大学へ着任し、2010年、宇宙教育研究所の初代所長に就任。