杉林が書く。皆さん、おはようございます。IT社会人は、現在、未来ばかりに気を取られ、過去のことを忘れようとしてませんか?

例えば、インターネット草創期からの過去のデーターは、ものすごい量であったはずです。

パソコン通信という時代もあった。もっと前は、パソコンが単体で売られていて、ネットで繋がっていなかった時代もあったのですね。

そういう歴史を学びながら楽しむということも、これからのITの人たちの着眼点として、いいのではないかなと思います。

私も、最初のパソコンは、PC-6001と言いまして、そういう情報をインターネットの中で見つけると、

「いやぁ、懐かしいなぁ」と思うものです。

若い人たちには、解らない感覚でしょう。

解る人たちは、オジサン、オバサン。お爺さん、お婆さんでしょう。

そういう、渋めの人たちにも、楽しんで頂けるような、新しいアイディアがあれば、もっと、インターネットは楽しいのではないかなと思います。

もしかすると、若い人たちで、そういう過去の物を直に見たことがない人たちも、楽しめるようなものが、今後、期待しているところです。

フロッピーディスク、MO、ZIP DISK、などもあった。もっと前は、カセットテープだったね。

懐かしいなと思います。

それでは、御機嫌よう。お達者で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です