Monthly Archives: 2月 2013

藤田紘一郎 第4回 未来授業 Vol.345

未分類

今週の講師は、東京医科歯科大学 名誉教授 藤田紘一郎さん。
寄生虫学、感染免疫学などが専門で、免疫と伝染病研究の第一人者です。

藤田さんは先日、『脳はバカ、腸はかしこい』という著書を発表。
人間の「腸」の持つ優れた機能と、それが心と体の健康に与える影響を分かりやすく解説されています。

「腸は第二の脳である」と言われますが、藤田さんはこの本の中でさらに踏み込み、こんな説を唱えています。
「腸の方が、脳よりも優れた“考える臓器”である」。
その根拠として、腸が複雑な整体機能をつかさどる臓器であること、そして、人間の脳はもともと腸から派生した、ものだと考えられることなどを挙げています。

今週は、私たちのお腹の中にある「腸」という存在について考えていきます。

未来授業4時間目。
テーマは「解糖エンジンとミトコンドリアエンジン」

【藤田紘一郎(ふじたこういちろう)】
東京医科歯科大学名誉教授。人間総合科学大学教授。
寄生虫学、感染免疫学などが専門で、免疫と伝染病研究の第一人者です。
『脳はバカ、腸はかしこい』『笑うセカチュウ』『清潔はビョーキだ』など著書多数。

藤田紘一郎 第3回 未来授業 Vol.344

未分類

今週の講師は、東京医科歯科大学 名誉教授 藤田紘一郎さん。
寄生虫学、感染免疫学などが専門で、免疫と伝染病研究の第一人者です。

藤田さんは先日、『脳はバカ、腸はかしこい』という著書を発表。
人間の「腸」の持つ優れた機能と、それが心と体の健康に与える影響を分かりやすく解説されています。

「腸は第二の脳である」と言われますが、藤田さんはこの本の中でさらに踏み込み、こんな説を唱えています。
「腸の方が、脳よりも優れた“考える臓器”である」。
その根拠として、腸が複雑な整体機能をつかさどる臓器であること、そして、人間の脳はもともと腸から派生した、ものだと考えられることなどを挙げています。

今週は、私たちのお腹の中にある「腸」という存在について考えていきます。

未来授業3時間目。テーマは『腸の中の“必要悪”』

【藤田紘一郎(ふじたこういちろう)】
東京医科歯科大学名誉教授。人間総合科学大学教授。
寄生虫学、感染免疫学などが専門で、免疫と伝染病研究の第一人者です。
『脳はバカ、腸はかしこい』『笑うセカチュウ』『清潔はビョーキだ』など著書多数。

藤田紘一郎 第2回 未来授業 Vol.343

未分類

今週の講師は、東京医科歯科大学 名誉教授 藤田紘一郎さん。
寄生虫学、感染免疫学などが専門で、免疫と伝染病研究の第一人者です。

藤田さんは先日、『脳はバカ、腸はかしこい』という著書を発表。
人間の「腸」の持つ優れた機能と、それが心と体の健康に与える影響を分かりやすく解説されています。

「腸は第二の脳である」と言われますが、藤田さんはこの本の中でさらに踏み込み、こんな説を唱えています。
「腸の方が、脳よりも優れた“考える臓器”である」。
その根拠として、腸が複雑な整体機能をつかさどる臓器であること、そして、人間の脳はもともと腸から派生した、ものだと考えられることなどを挙げています。

今週は、私たちのお腹の中にある「腸」という存在について考えていきます。

未来授業2時間目。テーマは『赤ちゃんが何でも口にいれたがるワケ』

【藤田紘一郎(ふじたこういちろう)】
東京医科歯科大学名誉教授。人間総合科学大学教授。
寄生虫学、感染免疫学などが専門で、免疫と伝染病研究の第一人者です。
『脳はバカ、腸はかしこい』『笑うセカチュウ』『清潔はビョーキだ』など著書多数。

藤田紘一郎 第1回 未来授業 Vol.342

未分類

今週の講師は、東京医科歯科大学 名誉教授 藤田紘一郎さん。
寄生虫学、感染免疫学などが専門で、免疫と伝染病研究の第一人者です。

藤田さんは先日、『脳はバカ、腸はかしこい』という著書を発表。
人間の「腸」の持つ優れた機能と、それが心と体の健康に与える影響を分かりやすく解説されています。

「腸は第二の脳である」と言われますが、藤田さんはこの本の中でさらに踏み込み、こんな説を唱えています。
「腸の方が、脳よりも優れた“考える臓器”である」。
その根拠として、腸が複雑な整体機能をつかさどる臓器であること、そして、人間の脳はもともと腸から派生した、ものだと考えられることなどを挙げています。

今週は、私たちのお腹の中にある「腸」という存在について考えていきます。

未来授業1時間目。テーマは『脳はバカ、腸はかしこい』

【藤田紘一郎(ふじたこういちろう)】
東京医科歯科大学名誉教授。人間総合科学大学教授。
寄生虫学、感染免疫学などが専門で、免疫と伝染病研究の第一人者です。
『脳はバカ、腸はかしこい』『笑うセカチュウ』『清潔はビョーキだ』など著書多数。

渡辺佑基 第4回 未来授業 Vol.341

未分類

今週の講師は、国立極地研究所・助教、渡辺佑基さんです。

岐阜県出身の34歳。
野生動物にカメラと記録計を取り付けて、映像とデータを集める『バイオロギング』という手法で、調査研究を行っています。

野生動物の生態を明らかにすることは、地球や人間の「進化の過程」を解明することにもつながると、渡辺さんはいいます。

未来授業4時間目、テーマは『生物の進化と地球環境』

【渡辺佑基】
1978年4月12日生 岐阜県岐阜市出身
国立極地研究所 生物圏研究グループ 助教

渡辺佑基 第3回 未来授業 Vol.340

未分類

今週の講師は、国立極地研究所・助教、渡辺佑基さん。

渡辺さんは、世界各地を飛び回り、野生動物にカメラと記録計を取り付けて、観察と研究を行っています。

動物自身に「カメラマン」になってもらい、映像とデータを集めるこの研究手法は、『バイオロギング』と呼ばれます。
南極のアデリーペンギンに取りつけたカメラでは、ペンギンの水中でのエサ取りの撮影に成功!
でも、撮影とデータの回収には、様々な苦労と工夫がありました。

未来授業3時間目、テーマは『ペンギンカメラマン』

【渡辺佑基】
1978年4月12日生 岐阜県岐阜市出身
国立極地研究所 生物圏研究グループ 助教

渡辺佑基 第2回 未来授業 Vol.339

未分類

今週の講師は、国立極地研究所・助教、渡辺佑基さん。先日、権威ある科学雑誌「アメリカ科学アカデミー紀要」に渡辺さんの論文が掲載されました。

内容は「南極のペンギンにカメラをとりつけて、ペンギンのエサ取りを観察した」というもの。
渡辺さんは、世界各地を飛び回り、野生動物にカメラと記録計を取り付けて『バイオロギング』という手法で、観察と研究を行っています。

南極のアデリーペンギンに取りつけたカメラでは、ペンギンの水中撮影に成功!
これまで知られていなかった、ペンギンのエサ撮りの様子が明らかになりました。

未来授業2時間目、『ペンギンカメラの衝撃』

【渡辺佑基】
1978年4月12日生 岐阜県岐阜市出身
国立極地研究所 生物圏研究グループ 助教

渡辺佑基 第1回 未来授業 Vol.338

未分類

今週の講師は、国立極地研究所・助教、渡辺佑基さん。先日、権威ある科学雑誌「アメリカ科学アカデミー紀要」に渡辺さんの論文が掲載されました。

内容は「南極のペンギンにカメラをとりつけて、ペンギンのエサ取りを観察した」というもの。
渡辺さんは、世界各地を飛び回り、野生動物にカメラと記録計を取り付けて『バイオロギング』という手法で、観察と研究を行っています。

未来授業1時間目、テーマは『バイオロギング』

【渡辺佑基】
1978年4月12日生 岐阜県岐阜市出身
国立極地研究所 生物圏研究グループ 助教