Monthly Archives: 2月 2014

DLNAサーバーでの文字化けを解消する方法。

supertageditor

SuperTagEditorは→からどうぞ。http://hp.vector.co.jp/authors/VA012911/STEP/step.html

SuperTagEditorを使えば、MediaTombのデータの文字化けを解消出来ます。バージョンを、2.02ではなく、1.03を私は使いました。

そうでなければ、私の場合には、文字化けが直りませんでした。

どうすればいいか。文字化けしている音楽ファイルの(mp3しか対応していないかも知れません。)フォルダを開きまして、SuperTagEditorに読み込ませます。

そして、変換で、「ID3V2バージョン/文字エンコードの変換」を選択し、バージョンを「v2.4」と「UTF-8」にする。

すると、文字が変換されます。そして、保存のマークのアイコンをクリックし、作業は終了です。

アーサー・ビナード 第4回 未来授業 Vol. 540

未分類

今週の講師は、アメリカ出身の詩人、アーサー・ビナードさん。
来日からおよそ24年。巧みな日本語で詩や絵本を発表する一方、翻訳も手がけています。
また、エッセイストやラジオパーソナリティとしても活躍。
鋭い観察力と辛口の批評で、社会問題にも積極的にアプローチしています。
ニュースや情報があふれる現代社会で、わたしたちはなにを信じたらいいのでしょうか。
未来授業4時間目、テーマは『見抜く力』

アーサー・ビナード 第3回 未来授業 Vol. 539

未分類

今週の講師は、アメリカ出身の詩人、アーサー・ビナードさん。
巧みな日本語で詩やエッセイを発表する一方、絵本の執筆や翻訳も数多く手がけています。
今回ビナードさんが日本語に翻訳したのが、イギリス人、ジョニー・ダドルの絵本「かいぞく ゴックン」(ポプラ社)。
怪しいバイオリン弾きに誘われて、宝の地図を手に海に出かけた海賊たちの運命を描いた冒険譚です。
でもそこには、宣伝や広告に惑わされがちなわたしたち現代人への「教訓」が込められていると、ビナードさんはいいます。未来授業3時間目、テーマは『騙されないヒント』

アーサー・ビナード 第2回 未来授業 Vol. 538

未分類

今週の講師は、アメリカ出身の詩人、アーサー・ビナードさん。
日本語の豊かな響きに魅かれて来日し、詩集や、エッセイ、絵本を数多く手がけてきました。日本人以上に巧みに日本語を操る姿は、ちょっとユーモラス。
来日からもうすぐ丸24年を迎えます。
そんなビナードさんが、今回2年の歳月をかけて出版したのが、宮澤賢治『雨ニモマケズ』の翻訳絵本。自然、農業、経済、そして人間・・さまざまなエッセンスが詰まったこの作品は、わたしたち現代人へのメッセージだと、ビナードさんは言います。
未来授業2時間目、テーマは『雨ニモマケズと日本の豊かさ』

Linux Mintは1位、elementary OSは、ジワジワと上がってきてます、ナント6位まで上がりました!(^ω^)

skitchDistroWatchという海外のLinux,BSDのホームページで、ページヒットランキング、Last 30 daysでは、

ランキングに動きがありました。

Linux Mintは1位と不動の地位ですね。

そして、

elementary OSは一つ上がって6位です。

パチパチ。おめでとう!

益々、Linux Mint,elementary OS共々、元気付いてください! と祈っております。

アーサー・ビナード 第1回 未来授業 Vol. 537

未分類

アーサー・ビナード(Arthur Binard)
1967年、米国ミシガン州生まれ。ニューヨーク州のコルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日、日本語での詩作を始める。詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、絵本『ここが家だ――ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞を受賞。
エッセイ集に『亜米利加ニモ負ケズ』(日本経済新聞出版社)、『日々の非常口』(新潮文庫)、絵本に『くうきのかお』(福音館書店)、『ことばメガネ』(大月書店)、詩集に『ゴミの日』(理論社)、翻訳詩集には『日本の名詩、英語でおどる』(みすず書房)。翻訳絵本に『ダンデライオン』『どんなきぶん?』(ともに福音館書店)、『カエルもヒキガエルもうたえる』(長崎出版)、『ホットケーキできあがり!』(偕成社)、『雨ニモマケズ Rain Won't 』(今人舎)、『かいぞく ゴックン』(ポプラ社)がある。

elementary OSで、apache2がサーバーダウンした時に、自動的に再起動するスクリプト。

そして、監視するのは、この例で言えば、”HTML_LOG”か、もしくは、”HTML_LOG2″となります。
apache2のプロセスが、2より小さいか、または、80より大きいかで再起動がかかります。それ以外の場合は、apache2を再起動させずに、華麗にスルーします。
参照元さんが、あったのですが、なんかなくなっていました。
参照元さんにお礼が言いたいです。有り難うございました。

MRTGのグラフは正常に戻りました。後は、MUNINのpostfixですね。

MRTGのグラフは正常に戻しました。

原因は恐らく、Dropboxだったと思います。

さて、次は、MUNINのpostfixですね。

これがまた、スパマーさんが困ったことをしてくれるんですよね。

今、対応しておりますよ。

Red5と、Gnump3dは再起動させております。

ご迷惑をお掛けしました。