Monthly Archives: 4月 2014

服部文祥 第3時限目Vol.586

未分類

今週の講師は、登山家、服部文祥(はっとり・ぶんしょう)さんです。
ヒマラヤ山脈のK2(ケーツー)など、国内外で数々の登山を経験したあと、「サバイバル登山」をスタート。
現代的な装備を捨て、狩りや釣りで食料を現地調達する独自の登山スタイルは、登山家や登山愛好家の間で、大きな話題を呼んでいます。
「サバイバル登山」を行うことで、さまざまな発見があったという服部さん。
未来授業3時間目、テーマは『常識とはなにか』

服部文祥(ハットリ・ブンショウ)
1969(昭和44)年神奈川県生れ。1996年から山岳雑誌「岳人」編集部に参加。K2登頂など、オールラウンドな登山を経験したあと、装備を切りつめ食糧を現地調達するサバイバル登山をはじめる。それらの山行記に、『サバイバル登山家』『狩猟サバイバル』『サバイバル!』『百年前の山を旅する』などがある。

服部文祥 第2時限目Vol.585

未分類

今週の講師は、登山家、服部文祥(はっとり・ぶんしょう)さんです。
ヒマラヤ山脈のK2(ケーツー)など、国内外で数々の登山を経験したあと、服部さんがとりくみはじめたのが、「サバイバル登山」。
現代的な装備を切り詰めて、狩りや釣りで食料を現地調達する、独自の登山スタイルで、時には1か月近く、山で過ごすこともあります。

未来授業2時間目、テーマは「サバイバル登山のオキテ」

服部文祥(ハットリ・ブンショウ)
1969(昭和44)年神奈川県生れ。1996年から山岳雑誌「岳人」編集部に参加。K2登頂など、オールラウンドな登山を経験したあと、装備を切りつめ食糧を現地調達するサバイバル登山をはじめる。それらの山行記に、『サバイバル登山家』『狩猟サバイバル』『サバイバル!』『百年前の山を旅する』などがある。

Androidの無料アプリ「iPP Podcast Player」が秀逸で素晴らしい。

私は、幾つかの、Podcastのプレーヤーを試してみたが、これが一番見栄えも良いし、使い勝手も良い。

更には、無料で何時までも使える物です。

Podcastプレーヤーの中には、途中まで無料で使えるが、数週間使ったら、突然使えなくなって、

使い続けたければ、アプリにお金を払って下さいという、お決まりの物もあって(;´Д`)、

いやぁ、極力お金を使いたくないから。という方は、これをお勧めしたいですね。

 

アプリの画面は、スタイリッシュだし、素晴らしく使っていて楽しくなるような、画面です。

是非、お使いになって見て下さい。

そして、お気に入りのPodcastが見つかるように、お祈りしております。

banner_gp

2014-04-29 01.19.16

2014-04-29 01.11.25

 

 

 

服部文祥 第1時限目Vol.584

未分類

今週の講師は、登山家、服部文祥(はっとり・ぶんしょう)さん。
服部さんは、学生時代から山に親しみ、国内外で数々の登山を経験したあと、独自の登山スタイルをとりはじめます。
それが、「サバイバル登山」。
現代的な装備を切り詰めて、狩りや釣りで食料を現地調達する、一風変わった登山スタイルです。
服部さんが「サバイバル登山」をはじめたきっかけは、
意外にも、ヒマラヤ登山にありました。
未来授業1時間目、テーマは『サバイバル登山への道』

◆服部文祥(ハットリ・ブンショウ)
1969(昭和44)年神奈川県生れ。1996年から山岳雑誌「岳人」編集部に参加。K2登頂など、オールラウンドな登山を経験したあと、装備を切りつめ食糧を現地調達するサバイバル登山をはじめる。それらの山行記に、『サバイバル登山家』『狩猟サバイバル』『サバイバル!』『百年前の山を旅する』などがある。

elementary OSで自動で壁紙をダウンロードして、変更するアプリケーション。

el-1717見晴らしのいい街並みや・・・、

Screenshot-elementaryosオサレな、壁紙に・・・、

elお兄さん好みの、壁紙まで、色々とDownloadされて、適用されます♪

時計も載せられます。

そして、名言格言も載せられますよ。

とっても、ラクラク♪ 素敵な壁紙をお楽しみ下さい!

参照:http://ubuntu.firebird.jp/archives/4465

elementary OSの終了時と、起動時にシェルを実行する方法。

システム終了時(再起動時)に、シェルを自動実行する方法は、下記のように設定する。

システム起動時に、シェルを自動実行する方法は、下記のように設定する。

参照:http://wikiwiki.jp/disklessfun/?exec-cmd

山本益博 第3時限目 Vol.583

未分類

今週の講師は、料理評論家、山本益博さん。
国内外の料理に精通し、美食家としても知られています。
昨年12月、「和食」がユネスコの「無形文化遺産」に登録されました。
季節の移ろいを表現する「和食」。
世界の料理人が注目する「うまみ」や優れた栄養バランスが注目されています。
けれども、「和食文化」を支えるのは、料理人や調理法だけではないと、山本さんは言います。
未来授業3時間目、テーマは『和食文化の真髄』

◆山本益博(やまもと・ますひろ)
早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。
料理評論(「東京・味のグランプリ」「グルマン」)の傍ら、料理人とのコラボによるイヴェントも数多く企画、1985年、東京・有楽町レストラン「アピシウス」でジョエル・ロブションのディナーを企画プロデュースしたことをきっかけに、レストランの催事、食品の商品開発の仕事に携わるようになる。また、TV「探検レストラン」(テレビ朝日系列)では、小淵沢の駅弁「元気甲斐」の商品開発、荻窪のラーメン屋開業プロジェクトに参加した。
2001年には、フランス政府より、農事功労勲章(メリット・アグリコル)シュヴァリエを受勲。
近年は、医療企業との健康長寿食プロジェクトや病院の介護食の料理・食事・サービスに関するアドバイザーも務めている。

山本益博 第2時限目 Vol.582

未分類

今週の講師は、料理評論家、山本益博さん。
国内外の料理に精通し、美食家としても知られています。
昨年12月、ユネスコの「無形文化遺産」に登録され、
いま改めて「和食」が注目されています。
そして、「和食」のベースとなるのが、鰹や昆布を使った「うまみ」。  
まろやかで味わい深い「うまみ」は、アルファベットの「UMAMI」として、
世界の料理人にも影響を与えています。
未来授業2時間目、テーマは『UMAMIとDASHI』

山本益博(やまもと・ますひろ)
早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論「桂文楽の世界」がそのまま出版され、評論家としての仕事をスタート。TV「花王名人劇場」(関西テレビ系列)のプロデューサーを務めた後、料理中心の評論活動に入る。
料理評論(「東京・味のグランプリ」「グルマン」)の傍ら、料理人とのコラボによるイヴェントも数多く企画、1985年、東京・有楽町レストラン「アピシウス」でジョエル・ロブションのディナーを企画プロデュースしたことをきっかけに、レストランの催事、食品の商品開発の仕事に携わるようになる。また、TV「探検レストラン」(テレビ朝日系列)では、小淵沢の駅弁「元気甲斐」の商品開発、荻窪のラーメン屋開業プロジェクトに参加した。
2001年には、フランス政府より、農事功労勲章(メリット・アグリコル)シュヴァリエを受勲。
近年は、医療企業との健康長寿食プロジェクトや病院の介護食の料理・食事・サービスに関するアドバイザーも務めている。

山本益博 第1時限目 Vol.581

未分類

昨年12月、「自然を尊重する日本人の伝統的な食文化」が認められた、「和食」がユネスコの「無形文化遺産」に登録されました。

これを機に、いま改めて「和食」が注目されています。
そこで、今週の講師は、料理評論家、山本益博さん。
国内外の料理に精通し、美食家としても知られる山本さんが語る、「和食」の魅力と未来とは?    

未来授業1時間目、テーマは『和食と日本料理』

※4月22日の未来授業は特別番組「EARTH×HEART LIVE 2014」放送のため、お休みとなります。