Monthly Archives: 7月 2014

松本光正 第1時限目 vol.632

未分類

今週の講師は、関東医療クリニック 院長・松本光正さん。
40年以上にわたり現場で診療を続ける現役の医師で、いまの医療の常識に疑問を投げかける著書も数おおく、今年4月に発表した『高血圧はほっとくのが一番』という著書も
話題となっています。未来授業一時間目、まずは、いま注目を集める血圧の基準値について、松本さんの考えです。テーマは『高血圧とはなにか』

松本光正(まつもと・みつまさ)
1943年大阪生まれ。 北海道大学医学部卒業後、医療生協浦和民主診療所勤務・所長を経て、1995年おおみや診療所所長に就任。
2009年から関東医療クリニック院長。高校2年生の時に中村天風の最晩年の弟子として指導を受ける。以降、天風会の講師としても活躍。

PHP 5.5.15、MySQL 5.5.38にアップデートしました。そして私のMySQLの不具合はこんな感じになってます。

MySQLは昨日cron-aptによって、自動アップデートされました。
開発関係者に感謝します。
私のMySQLはどこがおかしいかと言いますと、mysqlをrestart1回目は正常にrestartされます。が、しかし、2,3回連続ですると必ず、

と、ズラズラと沢山表示されて、最後には、しっかりとMySQLが再起動されている模様ですが、こんな表示がされてしまいます。
これは何時からだったか? これって正常なのでしょうかね?
MySQLのsqlファイルをviで編集して読み込ませたりしているからかな? とも思いますが、まぁ、これで様子見ます。
MySQLのDUMPファイルは現在281MBの大きさです。

Linux Mint 17 Qianaで、MySQLの動作が何かおかしいと思って取った対策。

my.cnfのファイルは、サーバーのメモリ容量によりまして、変えたほうがいいのかな? と思って私も変えてみました。
my.cnfのファイルは下記を例に、変えたほうがいいかもしれませんね。

my-small.cnf
64MB以下のメモリ

my-medium.cnf
128MB以下のメモリ

my-large.cnf
512MB以下のメモリ

my-huge.cnf
1GB~2GB以下のメモリ

my-innodb-heavy-4G.cnf
4GBのメモリとInnoDBで作成されたデータベース
らしい。

私のHewlett-Packard社のサーバー専用機は4GBのメモリですが、一応、1GB~2GB用の”my-huge.cnf”を設定ファイルに選んでみました。

これで様子見ます。昨夜早朝はMySQLがストップしてご迷惑をお掛けしてすみませんでした。
参照:http://blog.quall.net/linuxserver/316/

林典子 第4回 未来授業 Vol.631

未分類

“ニュースにならない物語にこそ、ニュースがある”。そのファインダーの向こう側に見える事実について伺っていきます。

今日のテーマは『世界中、社会の片隅で生きる人々を撮る』

フォトジャーナリストの林典子(はやし のりこ)さん。
1983年、神奈川県生まれ。米国の大学で国際政治、紛争学を学び、長期の密着取材を敢行した「キルギスの誘拐結婚」で、昨年は、フランス報道写真祭「ビザ・プール・リマージュ」で金賞を、今年は、全米報道写真協会フォトジャーナリズム大賞/現代社会問題組写真部門1位を受賞し、その作品と存在は、世界的に広く注目されています。

林典子 第3回 未来授業 Vol. 630

未分類

“ニュースにならない物語にこそ、ニュースがある”。そのファインダーの向こう側に見える事実について伺っていきます。

今日のテーマは『キルギスの誘拐結婚報道』

フォトジャーナリストの林典子(はやし のりこ)さん。
1983年、神奈川県生まれ。米国の大学で国際政治、紛争学を学び、長期の密着取材を敢行した「キルギスの誘拐結婚」で、昨年は、フランス報道写真祭「ビザ・プール・リマージュ」で金賞を、今年は、全米報道写真協会フォトジャーナリズム大賞/現代社会問題組写真
部門1位を受賞し、その作品と存在は、世界的に広く注目されています。

林典子 第2回 未来授業 Vol. 629

未分類

“ニュースにならない物語にこそ、ニュースがある”。そのファインダーの向こう側に見える事実について伺っていきます。

今日のテーマは『女性、フリーランスだからこそ見える視点』

フォトジャーナリストの林典子(はやし のりこ)さん。
1983年、神奈川県生まれ。米国の大学で国際政治、紛争学を学び、
長期の密着取材を敢行した「キルギスの誘拐結婚」で、
昨年は、フランス報道写真祭「ビザ・プール・リマージュ」で金賞を、
今年は、全米報道写真協会フォトジャーナリズム大賞/現代社会問題組写真
部門1位を受賞し、その作品と存在は、世界的に広く注目されています。

林典子 第1回 未来授業 Vol. 628

未分類

“ニュースにならない物語にこそ、ニュースがある”。そのファインダーの向こう側に見える事実について伺っていきます。

今日のテーマは『アフリカ大陸での経験』

フォトジャーナリストの林典子(はやし のりこ)さん。1983年、神奈川県生まれ。米国の大学で国際政治、紛争学を学び、長期の密着取材を敢行した「キルギスの誘拐結婚」で、昨年は、フランス報道写真祭「ビザ・プール・リマージュ」で金賞を、今年は、全米報道写真協会フォトジャーナリズム大賞/現代社会問題組写真部門1位を受賞し、その作品と存在は、世界的に広く注目されています。

村木真紀 第4回 未来授業 Vol.627

未分類

今週の講師は、村木真紀さん。
同性愛者や性同一性障害者などの性的少数者が、いきいきと働ける社会を目指して、職場環境の整備や働き方を提言。企業向けの講演やコンサルティングも行っています。

性的な指向を含む、社員の多様性を認めることが、これからの職場には欠かせないという村木さん。
日本企業の取り組みも、少しずつ始まっています。

未来授業4時間目、『多様性を認め合う社会へ』

◆村木真紀(むらき・まき)
同性愛者や性同一性障害者など性的マイノリティがいきいきと働ける職場や社会を目指すグループ 特定非営利活動法人「虹色ダイバーシティ」代表。1974年茨城県生まれ。京都大学卒業。日系大手製造業、外資系コンサルティング会社等を経て現職。LGBT当事者としての実感とコンサルタントとしての経験を活かして、LGBTと職場に関する調査、講演活動を行っている。大手企業、行政等で講演実績多数。