Monthly Archives: 8月 2014

貫田宗男 第4回 未来授業 Vol.655

未分類

今週の講師は、山岳コンサルタント貫田宗男さんです。

登山家として、ヨーロッパや北米で数々の登山を経験する一方、海外登山の企画や撮影コーディネートを行う仕事にも、長年携わってきました。

テレビのバラエティ番組「イッテQ!登山部顧問」も務め、芸人イモトアヤコさんの登山サポートでも知られています。

登山ブームが若年層にも広がるなか、ヒマラヤ登山から、日本の里山登山まで、山にもさまざまな楽しみ方があると、貫田さんは言います。

未来授業4時間目、テーマは『圧倒的な山の魅力』

◆貫田宗男(ぬきたむねお)
1951年山口県生まれ。ヨーロッパ、北米等多数登攀。79年、ネパール・ダウラギリ5峰登頂。91年春、94年秋と2度に渡りのエベレスト登頂に成功。ガイド登山家としても活動し、数々の海外登山の企画や撮影コーディネートを行う。三浦雄一郎さんの登山サポートやイッテQ!登山部顧問としても知られる。

貫田宗男 第3回 未来授業 Vol.654

未分類

今週の講師は、山岳コンサルタント貫田宗男さんです。

お笑い芸人イモトアヤコさんの登山サポートでも知られる貫田さん。
イモトさんは、タンザニアのキリマンジャロや、ヨーロッパアルプスのマッターホルンに次々登頂し、2013年には、ヒマラヤの高峰、マナスルの山頂にも立ちました。

お笑い芸人がバラエティ番組で8000メートル級の山にチャレンジするのは、極めて異例。舞台裏では、どんな闘いが繰り広げられていたのでしょうか。

未来授業3時間目、テーマは『芸人イモトアヤコの底力』

貫田宗男(ぬきたむねお)
1951年山口県生まれ。ヨーロッパ、北米等多数登攀。79年、ネパール・ダウラギリ5峰登頂。91年春、94年秋と2度に渡りのエベレスト登頂に成功。ガイド登山家としても活動し、数々の海外登山の企画や撮影コーディネートを行う。三浦雄一郎さんの登山サポートやイッテQ!登山部顧問としても知られる。

貫田宗男 第2回 未来授業 Vol.653

未分類

今週の講師は、山岳コンサルタント貫田宗男さんです。

数々の山に登り、二度のエベレスト登頂など、ヒマラヤの高峰登山も経験。
また、海外登山の企画や撮影コーディネートを行う仕事にも、長年携わってきました。
その一人が、スキーヤーでアルピニストの、三浦雄一郎さんです。

三浦さんは、70歳、75歳、80歳のとき、それぞれエベレストの登頂に成功。
そんな三浦さんの挑戦を支えた一人が、貫田さんでした。チャレンジを通じて、三浦さんから教えられたことも多いと言います。

未来授業2時間目、テーマは『三浦雄一郎さんの判断力』

貫田宗男(ぬきたむねお)
1951年山口県生まれ。ヨーロッパ、北米等多数登攀。79年、ネパール・ダウラギリ5峰登頂。91年春、94年秋と2度に渡りのエベレスト登頂に成功。ガイド登山家としても活動し、数々の海外登山の企画や撮影コーディネートを行う。三浦雄一郎さんの登山サポートやイッテQ!登山部顧問としても知られる。

貫田宗男 第1回 未来授業 Vol.652

未分類

今週の講師は、山岳コンサルタント、貫田宗男さんです。

ガイド登山家として活動し、海外登山の企画や撮影コーディネートを行う仕事に、長年携わってきました。三浦雄一郎さんのエベレスト登山や、イモトアヤコさんの高所登山のサポートでも知られています。

日本ではひとたび「山の事故」が起こると、登山者が、メディアや社会から厳しい批判にさらされます。けれども、欧米では、人々の反応は、ちょっと違うようです。

未来授業1時間目、テーマは『アドベンチャーとしての登山』

◆貫田宗男(ぬきたむねお)
1951年山口県生まれ。ヨーロッパ、北米等多数登攀。79年、ネパール・ダウラギリ5峰登頂。91年春、94年秋と2度に渡りのエベレスト登頂に成功。ガイド登山家としても活動し、数々の海外登山の企画や撮影コーディネートを行う。三浦雄一郎さんの登山サポートやイッテQ!登山部顧問としても知られる。

増野亜子 第4回 未来授業 Vol. 651

未分類

今週の講師は、民俗音楽学者、増野亜子さん。増野さんは、インドネシア・バリの伝統芸能について調査研究を続け、大学で民族音楽学の教鞭をとる一方、ガムランの演奏、指導にもあたっています。
また、増野さんの著書「声の世界を旅する」は、「声や歌の文化」について綴った一冊。
合唱や子守唄から、ホーミー、初音ミクまで、
世界各地のさまざまな「声」を取り上げ、考察しています。
では、万国共通の「いい声」「美しい声」というのは、存在するのでしょうか。
未来授業4時間目、テーマは『美声を探して』

増野亜子(ましのあこ)
東京芸術大学音楽学部楽理科卒、同大学大学院音楽研究科修士課程修了、お茶の水女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程単位取得退学。文学博士。専門は民族音楽学、インドネシア芸能研究。1993年〜1995年にインドネシア芸術大学デンパサール校に留学。帰国後、バリ・ガムランの演奏や指導にあたっている。現在、国東京芸術大学、明治大学、国立音楽大学、立教大学、亜細亜大学非常勤講師。著書に「インドネシア芸能への招待」(共著、東京書籍)、「声の世界を旅する」(音楽之友社)がある。