Monthly Archives: 11月 2014

KOUJIが書く。何か、私の書くサイトは、それほど読まれていないと思った。

未分類
そうだよなぁ。みんな、忙しい最中、読んで下さる人は読んでくださるのでしょうから、もっととても良いことを書いていかないと、なかなか読者の方々も着いてこないでしょうねと思います。
しかしまぁ、自分の書きたいことを書けるという、私のAmebaのサイトも、いいものだと思いますよ。



花は爽やかな青紫色、丸弁大輪のかわいい花形。 / 悠遊山城.樹玫瑰.庭園美食.

島田雅彦 第4回 未来授業 Vol.703

未分類

現代の学生たちに向けて説く、持つべき思考回路と、島田流「教養論」とは――?

今日のテーマは『島田雅彦の“教育の作法”その2』

作家で法政大学国際文化学部教授の島田雅彦(しまだ・まさひこ)さん。
1961年、東京生まれ。83年、東京外国語大学在学中に発表した「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー。
同大学ロシア語学科を卒業し、本格的な作家活動に入り、「僕は模造人間」「ドンナ・アンナ」など、郊外の新興住宅を舞台に、若者たちの生活を軽妙な筆致で描く作風で、新世代作家の一人として注目を浴び、1992年には「彼岸先生」で泉鏡花文学賞を受賞。
また、2010年からは芥川賞選考委員も務めていらっしゃいます。

Androidは5.0(Lollipop)になりまして、iOSは8.1.1になりました。

Androidは5.0になりましたね。私は、Nexus 7を持っているので、それで、5.0が使えました。Lollipopという名前は、大変思い切ったネーミングをしたのではないかと思いますよ。

Lollipopは、どういう意味なの? ロリなのですか? とか言われるかもしれませんが、ぺろぺろキャンディーの意味らしいですね。

まぁ、深いことは言わないでいいやと思います(笑)。

とてもこのLollipopはいいですね。斬新と思われるような、アイディアや、デザインが詰まっております。まだ、使い始めたばかりですが、楽しく使っていこうと思います。

iOSは8.1.1という小刻みなバージョンアップですね。今度は、あのバグが直ったのかな? と、いうところもありますが、まだ、DLNA用の、音楽プレーヤーが何かの拍子で、音が、曲と曲の間で、止まってしまうのですよね。それが直っているのか? 試してみたいと思います。

2014-11-18 17.19.22

コタツでパソコンのお勉強会。
コタツでパソコンのお勉強会。 / akiraak2

島田雅彦 第3回 未来授業 Vol. 702

未分類

教員という立場から見えてきた、学生たちの姿と就活への心得とは?

今日のテーマは『島田雅彦の“教育の作法”その1』

作家で法政大学国際文化学部教授の島田雅彦(しまだ・まさひこ)さん。
1961年、東京生まれ。83年、東京外国語大学在学中に発表した「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー。
同大学ロシア語学科を卒業し、本格的な作家活動に入り、「僕は模造人間」「ドンナ・アンナ」など、郊外の新興住宅を舞台に、若者たちの生活を軽妙な筆致で描く作風で、新世代作家の一人として注目を浴び、1992年には「彼岸先生」で泉鏡花文学賞を受賞。
また、2010年からは芥川賞選考委員も務めていらっしゃいます。

島田雅彦 第2回 未来授業 Vol. 701

未分類

市場原理の法則で作品が絶版になり読めない……。
そこで、作家・島田雅彦が始めたこととは?
今日のテーマは『島田雅彦の“小説の流儀”その2』

作家で法政大学国際文化学部教授の島田雅彦(しまだ・まさひこ)さん。
1961年、東京生まれ。83年、東京外国語大学在学中に発表した「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー。
同大学ロシア語学科を卒業し、本格的な作家活動に入り、「僕は模造人間」「ドンナ・アンナ」など、郊外の新興住宅を舞台に、若者たちの生活を軽妙な筆致で描く作風で、新世代作家の一人として注目を浴び、1992年には「彼岸先生」で泉鏡花文学賞を受賞。
また、2010年からは芥川賞選考委員も務めていらっしゃいます。

島田雅彦 第1回 未来授業 Vol. 700

未分類

“吟遊詩人”から発展した「物語」。その物語=小説に力はあるのでしょうか。
活字文化、出版文化が行き着く未来像を語ります。

今日のテーマは『島田雅彦の“小説の流儀”その1』

作家で法政大学国際文化学部教授の島田雅彦(しまだ・まさひこ)さん。
1961年、東京生まれ。83年、東京外国語大学在学中に発表した「優しいサヨクのための嬉遊曲」でデビュー。同大学ロシア語学科を卒業し、本格的な作家活動に入り、「僕は模造人間」「ドンナ・アンナ」など、郊外の新興住宅を舞台に、若者たちの生活を軽妙な筆致で描く作風で、新世代作家の一人として注目を浴び、1992年には「彼岸先生」で泉鏡花文学賞を受賞。また、2010年からは芥川賞選考委員も務めていらっしゃいます。

松田卓也 第4回 未来授業 Vol.699

未分類

今週の講師は、神戸大学名誉教授で宇宙物理学者の松田卓也さん。発表したばかりの新刊では、「人工知能」をテーマに、最新の研究や、そこから見える未来の姿を考察しています。

「2045年問題」、この説では、あと31年後には、
コンピューターがあらゆる分野で、人間に「取って代わる」と予測しています。
実際、記憶や計算など特定の目的では、すでにそれは始まっていますが、では例えば、芸術などクリエイティブな分野では、どうなのでしょうか。

未来授業四時間目。
テーマは『人間にしかできないこと』。

◆松田卓也(まつだ・たくや)
宇宙物理学者・理学博士。神戸大学名誉教授。元日本天文学会理事長。
コンピュータ創世記である1960年代から、大型コンピュータを駆使した数値シュミレーションを行い、京都大学や神戸大学でコンピュータ関連施設の運営委員を歴任するなど、コンピュータの最先端事情に詳しい。

松田卓也 第3回 未来授業 Vol.698

未分類

今週の講師は、神戸大学名誉教授で宇宙物理学者の松田卓也さん。
発表したばかりの新刊では、「人工知能」をテーマに、
最新の研究や、そこから見える未来の姿を考察しています。

2045年、人工知能が人類を超える「技術的特異点」。
この日を境に、あらゆる分野でコンピュータが人間に取って変わると、予測されています。そして、その先には、まるでSF映画のような深刻な状況もありえる、松田さんはそう語ります。

未来授業三時間目。
テーマは『人工知能が抱えるリスク』。

◆松田卓也(まつだ・たくや)
宇宙物理学者・理学博士。神戸大学名誉教授。元日本天文学会理事長。
コンピュータ創世記である1960年代から、大型コンピュータを駆使した数値シュミレーションを行い、京都大学や神戸大学でコンピュータ関連施設の運営委員を歴任するなど、コンピュータの最先端事情に詳しい。

松田卓也 第2回 未来授業 Vol.697

未分類

今週の講師は、神戸大学名誉教授で宇宙物理学者の松田卓也さん。
発表したばかりの新刊では、「人工知能」をテーマに、
最新の研究や、そこから見える未来の姿を考察しています。

未来授業二時間目。
人工知能が、全人類の知能を上回ると予測される、「2045年問題」。
実際、チェスや将棋、クイズ、医療などの分野では、限定的に、人間の能力を超える人工知能がすでに存在します。

ただ、こうした特定の分野に特化したものではなく、
人工知能には、もう一つタイプが存在すると松田さんは解説します。

未来授業二時間目。
テーマは『汎用的な人工知能』。

◆松田卓也(まつだ・たくや)
宇宙物理学者・理学博士。神戸大学名誉教授。元日本天文学会理事長。
コンピュータ創世記である1960年代から、大型コンピュータを駆使した数値シュミレーションを行い、京都大学や神戸大学でコンピュータ関連施設の運営委員を歴任するなど、コンピュータの最先端事情に詳しい。