Monthly Archives: 1月 2015

宇野常寛 第4時限目 vol.739

未分類

今週も、昨年秋に開催した公開授業の模様をお届けします。
テーマは「明日の日本人たちへ 未来を変えるイノベーションは起こせるのか?」。
各界の「知の先達」が現役大学生に、直接問いかけます。
今週の講師は、評論家 宇野常寛さん。
「オタクカルチャー」の批評が本業ですが、政治・社会問題も鋭く論じる
気鋭の評論家です。
今回の授業でテーマに掲げたのは『地方創生の時代へ イノベーションは“どこ”に起きるのか 2020年へのブループリント』。
宮崎県・高千穂を例に、「地方の観光地に必要な人口は、せいぜい1000人」と主張する宇野さん。この人数は、宇野さんが考える「地方創生」のひとつの方法論へ繋がって行きます。いよいよ結論です。未来授業4時間目、キーワードは『責任が発生する未来』。

宇野常寛 第3時限目 vol.738

未分類

今週も、昨年秋に開催した公開授業の模様をお届けします。
テーマは「明日の日本人たちへ 未来を変えるイノベーションは起こせるのか?」。
各界の「知の先達」が現役大学生に、直接問いかけます。
今週の講師は、評論家 宇野常寛さん。
「オタクカルチャー」の批評が本業ですが、政治・社会問題も鋭く論じる
気鋭の評論家です。今回の授業でテーマに掲げたのは『地方創生の時代へ 
イノベーションは“どこ”に起きるのか 2020年へのブループリント』。
地方がこれから生き残るために必要なものは何か、学生たちに問いかけました。未来授業3時間目、キーワードは『生き残りに、必要な人数は何人か』。

宇野常寛(うの・つねひろ)1978年生まれ。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)。『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)。『日本文化の論点』(筑摩書房)、『原子爆弾とジョーカーなき世界』(メディアファクトリー)。共著に濱野智史との対談『希望論』(NHK出版)、石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)。 企画・編集参加に「思想地図 vol.4」(NHK出版)、「朝日ジャーナル 日本破壊計画」(朝日新聞出版)など。京都精華大学非常勤講師も務める。

宇野常寛 第2時限目 vol.737

未分類

今週も、昨年秋に開催した公開授業の模様をお届けします。
テーマは「明日の日本人たちへ〜未来を変えるイノベーションは起こせるのか?」。
各界の「知の先達」が現役大学生に、直接問いかけます。
今週の講師は、評論家 宇野常寛さん。
「オタクカルチャー」の批評が本業ですが、政治・社会問題も鋭く論じる
気鋭の評論家です。今回の授業でテーマに掲げたのは『地方創生の時代へ イノベーションは“どこ”に起きるのか 2020年へのブループリント』。
宮崎県・高千穂を例に、「地方の観光地に必要な人口は、せいぜい1000人」と主張する宇野さん。この人数は、宇野さんが考える「地方創生」のひとつの方法論へ繋がって行きます。いよいよ結論です。

この人数は、宇野さんが考える「地方創生」のひとつの方法論へ繋がって行きます。いよいよ結論です。未来授業4時間目、キーワードは『責任が発生する未来』。

宇野常寛(うの・つねひろ)1978年生まれ。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)。『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)。『日本文化の論点』(筑摩書房)、『原子爆弾とジョーカーなき世界』(メディアファクトリー)。共著に濱野智史との対談『希望論』(NHK出版)、石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)。 企画・編集参加に「思想地図 vol.4」(NHK出版)、「朝日ジャーナル 日本破壊計画」(朝日新聞出版)など。京都精華大学非常勤講師も務める。

有美さん今晩は、先程は楽しいラジオを有り難うございました。

未分類

有美さんは、もうすぐ、ラジオの公開録音ですね。

これは、私も楽しみにしておりますよ。

この収録は、結局、放送されるのですよね?

だから、楽しみなのでありますよ。遠くから来客してくださる人もいらっしゃることでしょう。

しかし、遠方過ぎていけないとか、時間が間に合わなくてとか、そして、私のように腰が重い人も(汗)、平等にラジオで聴けるのは、いいことだなぁと思っておりますよ。

言わば、コンサートの場合、この時は盛り上がったねとか、後でラジオで言われても、参加していない人は、しんみりとしてしまうのでありますよ。

何か、そういうことに対しても、放送局側のご配慮があった…

宇野常寛 第1時限目 vol.736

未分類

今週も、昨年秋に開催した公開授業の模様をお届けします。
テーマは「明日の日本人たちへ〜未来を変えるイノベーションは起こせるのか?」。
各界の「知の先達」が現役大学生に、直接問いかけます。
今週の講師は、評論家 宇野常寛(うの・つねひろ)さん。
AKB48、仮面ライダーはじめ、いわゆる「オタクカルチャー」の批評が本業ですが、
地方創生大臣の石破茂さんとの対談をはじめ、政治・社会問題も、
鋭く論じる、気鋭の評論家です。そんな宇野さんが今回の授業で、
掲げたテーマは『地方創生の時代へ イノベーションは“どこ”に起きるのか
2020年へのブループリント』。2020年にやってくる
あの大きなイベントをきっかけに、宇野さんは、東京と地方のこれからについて、
学生たちに問いかけました。
未来授業1時間目、キーワードは『東京オリンピックが、地方と東京を繋ぐ』

宇野常寛(うの・つねひろ)1978年生まれ。著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)。『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)。『日本文化の論点』(筑摩書房)、『原子爆弾とジョーカーなき世界』(メディアファクトリー)。共著に濱野智史との対談『希望論』(NHK出版)、石破茂との対談『こんな日本をつくりたい』(太田出版)。 企画・編集参加に「思想地図 vol.4」(NHK出版)、「朝日ジャーナル 日本破壊計画」(朝日新聞出版)など。京都精華大学非常勤講師も務める。

自宅サーバー → VPS → 自宅サーバー → VPS。色々済みません。

親には迷惑をこれ以上掛けられませんし、

少し勢力を弱める位がちょうどいいと思い直しまして、

結局安全なVPSにしました。

アクセス速度は少し落ちてしまいますが、ご了承下さい。

これが、ファイナルアンサーでありたいけれども。

また変わったらご免なさい。


北海道 / othree

VPSへのサーバーのお引っ越しは完了しました。やばい、10時間ほど掛かった。

半分、仮眠しながらやったからか、自動スクリプトを駆使したのに、10時間も掛かってしまいました。

疲労が疲れましたよ。ホホホ。

しかし、実は、これが私の、密かな楽しみなのでありますよね(笑)。

まだまだ、自動スクリプトを効率化できそうですね。

それでは、皆さん、ホームページ群をお楽しみ下さい♪

お引っ越しの途中、閲覧が不可能になったこともあったと思いますが、申し訳ございませんでした。

OSは、Linux Mint 17.1 Rebecca MATEです。

少し休憩しまぁす♪

What do they compute at Night ?
What do they compute at Night ? / Arthur40A

今晩は徹夜で、自宅サーバーからVPSに引っ越しいたします。

( ´゚д゚`)エー。とか言わないで下さいね。

自宅サーバーから、たまにVPSに引っ越しをしたくなります。

今夜、引っ越し作業をします。

遅くても、明日中には引っ越しが終了する予定です。

サーバーへのアクセスが一時不安定になります。

ご了承下さい。(´・ω・`)

引っ越しが終わったら、また皆さんにご報告いたします!

Data storm
Data storm / Herkie