Archives

Linux Mint 17.1(自宅サーバー)でmediatombをAQUOS(地デジ・ネットTV)に繋いでもなかなか思い通りに行かなかった所。

mediatombは、普通にインストールして、設定もして、間違いがないはずだというところまで行っているとします。

ファイアウォールの設定はufwにして、設定も間違いがないとしますよ。

そんな中で、ufwをdisableにしたら、AQUOSにmediatombが繋がるのですが、ufwを施行すると、またmediatombがつながらなくなるという繰り返しでした。勿論、何度も、mediatombを再起動、再読み込みなどもして、チャレンジしたが、なかなか思い通りに繋がってくれない。

そんな時には、自宅サーバーを再起動しましょう。

それで、一発おkでした。ufwなどを

として、AQUOSにmediatombをつないだら、DLNAの音楽が鳴ってくれました。嬉しかったです。


ツイッターでは、Linux Mint 17.1の再起動を何度もしてしまいまして、申し訳ございませんでした。

その、再起動の成果が下記の情報です。参考になればいいのですがね。


その後、自宅サーバーを、再起動しても、mediatombがAQUOSにつながらない状態になってしまいました。

そういう時には、logを見るといいですね。

そしたら、ポート番号の49152以外にも、49153など使っていることが解りました。

ですから、LAN内でのポートを開ける範囲を広げます。つまりは、

などのように、設定します。

今現在はこの状態で、mediatombと、AQUOSや、iPad miniのアプリケーションの8Playerなどとは繋がりまして、音楽が聴けます。

ご参考になればいいですがね(汗)。

sysv-rc-confをOFFにしても、PCを再起動時に自動的に起動します。この辺の仕組みは、よく解りませんが、今はこうしておきますよ。