Linux Mint 13 MayaでのMRTGの動かし方。

MRTG Index Page2MRTGというのは、右図のようなグラフ表示をさせる、プログラムです。右図で解ります通り、

光ファイバーのトラフィック、CPU使用率、空きメモリ量、SSD(HDD)の使用量、CPU温度、SSD(HDD)温度などが調べられて、それをcronで5分置きにグラフが更新される仕組みです。

何が重要かと言いますと、このグラフを見ることによって、サーバーがアタックを受けているとか、サーバーがダウンしているかな? とか、サーバーダウンしそうかな? などと憶測を交えて、推測することが出来ることが大切なのです。

これと、同じような物に、MUNINがありますが、MUNINの方が大変楽にグラフを沢山作ります。

MRTGは設定がややこしいなぁと言う方も大勢でしょう。

パパッとやってしまいますよ。

これで、五分置きに、MRTGのグラフが変わっていたら、成功です。お疲れ様でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です