LinuxMint14で、ノートブックPCの、タッチパッドを無効化する方法。


タッチパッドを無効化するには

BIOSでタッチパッドを無効化できないシステムで、タッチパッドを無効化するためには、下記の方法でタッチパッドを無効化することができます。

デバイスIDを確認します。

 xinput list | grep -i touchpad

調べたデバイスIDで、デバイスを無効化します(下記の例ではデバイスIDが15であったとします)。

xinput set-prop 15 “Device Enabled” 0

セッションの開始時(GUIでのログイン時)に実行するように設定するのもよいでしょう。

 


さて、どうすれば、LinuxMint14起動時に、自動的にタッチパッドを無効化できるか?

 

設定→自動起動するアプリケーション→Add→コマンドに、次の一行を入力。
xinput set-prop 15 “Device Enabled” 0
15の数字のところは、適宜変更します。
そして、再起動して、確認してくださいね!
参照、引用:https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Hardware/ConfiguringTouchPad

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です