天の声が書く。歴史を直視し、未来へ向かうですか。

未分類
その通りであります。
よく、日本も決断して下さったと思います。
日本の立場上、こういう考えを日本は持っているという事を、言いたい場面もあったであろうが、
冷静に考えてみれば、歴史というものは、今後とも、実際に従軍慰安婦とか、南京大虐殺があったかどうかを、確認作業をすることで、明確になっていくであろうから、それでいいのであります。
歴史を、日本だけでなく、韓国も、中国も、お互い様に学ぶべきでありますね。
そして、未来へ向かうという言葉は、我々日本人を、躍進へと向かわせる、素晴らしい言葉であったと思います。
人間も、ここまで来た。更には、進んで、宗教の多様化や、OSの争いなども、一気に解決したいものでありますなぁ。
KOUJI殿は、貢献度が、日本にも、世界にも高めでありますと思ったよ。
じゃあ、私はニコニコして、支部へ帰ります。

IMG_9832 / norio.takahashi