宇野常寛 第4時限目 vol.739

未分類

今週も、昨年秋に開催した公開授業の模様をお届けします。
テーマは「明日の日本人たちへ 未来を変えるイノベーションは起こせるのか?」。
各界の「知の先達」が現役大学生に、直接問いかけます。
今週の講師は、評論家 宇野常寛さん。
「オタクカルチャー」の批評が本業ですが、政治・社会問題も鋭く論じる
気鋭の評論家です。
今回の授業でテーマに掲げたのは『地方創生の時代へ イノベーションは“どこ”に起きるのか 2020年へのブループリント』。
宮崎県・高千穂を例に、「地方の観光地に必要な人口は、せいぜい1000人」と主張する宇野さん。この人数は、宇野さんが考える「地方創生」のひとつの方法論へ繋がって行きます。いよいよ結論です。未来授業4時間目、キーワードは『責任が発生する未来』。