ヤマザキマリ 第1回 未来授業 Vol.720

未分類

今週は、この秋に開催した公開授業の模様をお届けします。
テーマは「明日の日本人たちへ〜未来を変えるイノベーションは起こせるのか?」。
大きな転換の時期にきている日本。この転換点の先に、若い世代はどんな未来を
描いていくのでしょうか。
各界の「知の先達」が現役大学生に、直接問いかけます。

最初の講師は、漫画家のヤマザキマリさん。
大ベストセラー『テルマエ・ロマエ』を生みだしたヤマザキさんは、人生の半分 が海外ということもあり、常に視点が俯瞰的で偏見がありません。自分の限界が現れるたびに、それぞれの世界の文化を自分に取り入れ、自己イノベーションで乗り越えてきたと言います。
今回、掲げたテーマは「辺境のない生き方」。

未来授業1時間目、『頼れるのは自分しかいない』。

◆ヤマザキマリ
漫画家
1967年4月20日東京都出身
1984年に渡伊、フィレンツェの国立アカデミア美術学院入学
美術史・油絵を専攻
1997年に漫画家としてデビュー
比較文学を研究するイタリア人研究者との結婚を機に、シリア、ポルトガル、アメリカを経て現在はイタリア在住
2010年古代ローマを舞台にした漫画「テルマエ・ロマエ」で第2回漫画大賞受賞
第14回手塚治虫文化賞短編賞受賞 世界8か国語に翻訳される。
著書に「ルミとマヤとその周辺」「ジャコモ・フォスカリ」等 

文筆作品では、「テルマエ戦記」「望遠ニッポン見聞録」「男性論」等

現在は、講談社:ハツキスで「スティーブ・ジョブズ」新潮45で「プリニウス」を(とり・みきと共著)連載中