東浩紀 第4回 未来授業 Vol.675

未分類

現代は「人間関係を断ち切る」のが困難な時代。
しかしそれは、未来を担う人間にとって必要不可欠なことなのかもしれない。

今日のテーマは『人間関係を断ち切る必要性』

作家・思想家の東浩紀(あずま・ひろき)さん。
1971年、東京生まれ。東京大学大学院・総合文化研究科・博士課程修了。
在学中に「ソルジェニーツィン試論」で批評家としてデビューし、
若手論客として各メディアから注目されるようになります。
その後、99年に『存在論的、郵便的』でサントリー学芸賞を、2010年には『クォンタム・ファミリーズ』で三島由紀夫賞を受賞。
現在は、株式会社ゲンロン代表取締役、「思想地図β(ベータ)」編集長としても活躍されています。