諸富祥彦 第4回 未来授業 Vol.416

未分類

今週の講師は、明治大学文学部教授で臨床心理士でもある、諸富祥彦(もろとみ・よしひこ)さん。
オーストリアの精神科医で心理学者のビクトール・フランクルが著した『夜と霧』。
第二次世界大戦の際、ナチスの強制収容所での過酷な経験をつづった世界的なベストセラーですが、そこから導き出された真理「どんな時にも人生には意味があ
る」という思想を、諸富さんは現代にも照らし合わせ、積極的に紹介しています。

人間には様々な苦難が日々、立ち向かってきます。それを乗り越え、満ち足りた人生を送るためにはどうしたらいいのでしょうか。最後に、若い世代に向けて必要な考え方を伺いました。

【諸富祥彦】
1963年福岡県生まれ。1986年筑波大学人間学類、1992年同大学院博士課程修了。英国イーストアングリア大学、米国トランスパーソナル心理学研究所客員研究員、千葉大学教育学部講師、助教授(11年)を経て、現在、明治大学文学部教授。教育学博士。
日本トランスパーソナル学会会長、日本カウンセリング学会理事、日本産業カウンセリング学会理事、日本生徒指導学会理事。教師を支える会代表、現場教師の作戦参謀。
臨床心理士、上級教育カウンセラー、学会認定カウンセラーなどの資格を持つ。